多職種連携

多職種と連携し、利用者様とご家族の「安心・安全・楽しい」生活を提供しています。

当院では、各事業所の「事例検討会」に参加しています。無料で参加しておりますので、お気軽にお電話ください。

 

医師・看護師

 病状の経過を観察と早期に発見した場合、医療機関に連絡しています。

ケアマネージャー

 生活で新たに介護サービスが必要になったり、改善した場合、ケアプランを見直してもらうため、報告・相談を行っています。

 

地域医療介護福祉連携 のコピー

生活機能訓練士®

ICF(生活機能分類)のをフレームワークとして、それぞれの問題点を明らかにし、提案と目標の共有(SDM)を行い、「豊かな生活を創る」専門職です。

健康状態:経過観察と早期発見から、適切な医療機関に繋ぐ

心身機能:解剖学と運動学を基に訓練を行い、機能を向上する

活動・参加:本人の持っている材料(強み)から、最大限できる生活を構築する

環境因子:住宅の改修、福祉用具の選定、CMへの連絡、介護サービスの導入の検討行う

個人因子:過去の趣味や仕事、生きがいから、その人らしい生活を創造する