鍼灸師の資格だけで生活できますか?

在宅医療では、鍼灸師の需要は多く、今後も増え続けることが確実です。

現在の高齢化社会では、「動けずに困っている人」と「介護で困っている人」が増え続けています。一方で、その方達に対応するリハビリ専門職(PT、OT)は少なく、現行の制度では「困っている人」全てに対応することは困難です。鍼灸師は、医療保険で在宅診療を行うことができます。さらに、リハビリテーションの視点を持った鍼灸師は、これらの「困っている人」に対応できる職種として、在宅医療で重要な役割りを担っています。