他職種と連携していますか?

はい。地域の医療機関・介護事業所・役所など多数の職種と連携し、リハビリができる鍼灸師は在宅医療で必要な存在になっています。