のどか治療院の由来

院名には、患者様とご家族が「のどかな街」で、「のどかな人々」と、「のどかな心」で生活して頂きたい想いが込められています。

 

ごあいさつ

「たとえ身体の自由がきかなくても、幸せになる自由があります」

 

あきらめないでください。
自由に動けないことは不便ですが、決して不幸ではありません。

皆様の抱えている問題を私たちが解決し、よりよい生活をご提供します。

 

のどか治療院では、通院できない方を対象に、訪問治療を行っています。

 

・パーキンソン病で、身動きができずトイレまで行けない。
・脳血管障害で、体の半分にマヒがありお風呂に入れない。
・脊髄損傷による下半身不随で、車椅子で自由に動けない。
・転倒恐怖感が強く、外出が困難な。
・全身の筋力低下により、ベッドから起き上がれない。
・食べ物を飲み込めなくなってしまった。

他にも、様々なご病気や障害でお困りの方がいます。

 

私達の役割は、どんな状態でも、その人のできること(可能性)を発見し、解決策を提案し、目標に向かって一緒に問題解決に取り組み、

そして

ご家庭に笑顔を取り戻すことです。

 

 

取り組む課題は、生活の全ての行為です。

寝返りをする。起き上がる。立つ。歩く。
排泄をする。風呂に入る。着替える。食べる。
家事をする。電話に出る。外出する。旅行する。
働く。近所の子供と接する。

など、

生活する全ての行為が目標となります。

 

できなくなったことに目を向けると、自分が嫌になったり存在価値を疑ったり、将来について悲観的になってしまいます。

しかし、
1つでもできることが増え可能性が拡がると、明るい笑顔を取り戻すことができます。

 

「無理やと思っていたけど、できるようになるんや!」と、笑顔で話される姿は、私達のなにより嬉しい瞬間です。

もう弱っていくばかりだと、あきらめていませんか?

自分達だけで悩まず、お気軽にご相談ください。

なにかできることがあるはずです。

お電話お待ちしております。

 

 

のどか治療院 院長 森下 大亮

 

 

 

 

治療理念

すべての人にのどかで、笑顔の溢れる生活を提供します

 

沿革

平成22年 のどか治療院 亀岡本院 開院

平成24年 のどか治療院 美山分院 開院

 

 

院長

【名前】21271320_1412344608883614_1205365473444017418_n
森下 大亮 もりした だいすけ 昭和56年生まれ(36歳)

【経歴】

明治鍼灸大学(現:明治国際医療大学)

明治国際医療大学大学院 博士前期過程 修士(鍼灸学)
鍼灸整骨院グループ 勤務3年
平成22年 のどか治療院 開業

【資格】

はり師 :第138928号
きゅう師:第138739号

鍼灸学(学士号・修士号)

はり師きゅう師養成学校

教員免許

全国訪問リハビリテーション研究会

基礎研修過程 修了

住環境コーディネーター2級

介護支援専門員

【所属】

京都在宅リハビリテーション研究会 世話人

全国鍼灸マッサージ協会 京都滋賀支部長

日本訪問リハビリテーション協会

日本脳卒中協会

 

スタッフ

【名前】

淺井 重守 あさい しげもり 昭和60年生まれ(32歳)

【経歴】

明治鍼灸大学(現:明治国際医療大学)
明治東洋医学院 教員養成課程
大阪医専柔道整復師科
鍼灸整骨院 勤務3年
大阪鍼灸師養成学校 教員 勤務7年

【資格】

はり師

きゅう師

柔道整復師

はり師きゅう師養成学校 教員免許